ケーススタディ

下呂市まちづくり計画

描く

市民とともにつくる総合計画と評価の仕組み

  • プロジェクト … 下呂市第一次総合計画策定コンサルタント業務(2004年度)
  • クライアント … 下呂市

市町村合併に伴う岐阜県下呂市の総合計画策定で重要視したのが、現状の課題を把握し、改善に向けた行動を導き出すための全職員による政策の棚卸しでした。

下呂市_指標公表版最終

職員一人ひとりが5〜10人の市民を集めて意見を聞く「コンセンサス会議」という手法を導入し、計画に盛り込む政策だけでなく評価指標についても市民の声に基づいて整理しました。

さらに、市民のアンケートを踏まえた評価とフィードバックの体制を整えました。

関連するケーススタディ

もっと見る


描く

島根県:小さな拠点

本事業の舞台である島根県では、地域運営組織等が「小さな拠点づくり」の取組を実施する中で課題となっている「機運醸成」「計画づくり」「体制整備」「取組の開始」などの各段階にお…

描く

島根県:しまコトアカデミー

人口減少・高齢化が進展する中、地域の維持・活性化には、その活動の企画、実施等を担う人材が必要と考えられています。現在、国の財政支援による地域おこし協力隊など、都市部からの…