ケーススタディ

下呂市まちづくり計画

描く

市民とともにつくる総合計画と評価の仕組み

  • プロジェクト … 下呂市第一次総合計画策定コンサルタント業務(2004年度)
  • クライアント … 下呂市

市町村合併に伴う岐阜県下呂市の総合計画策定で重要視したのが、現状の課題を把握し、改善に向けた行動を導き出すための全職員による政策の棚卸しでした。

下呂市_指標公表版最終

職員一人ひとりが5〜10人の市民を集めて意見を聞く「コンセンサス会議」という手法を導入し、計画に盛り込む政策だけでなく評価指標についても市民の声に基づいて整理しました。

さらに、市民のアンケートを踏まえた評価とフィードバックの体制を整えました。

関連するケーススタディ

もっと見る


描く

観光による地域づくりを実現する戦略策定

旅行スタイルが団体型から個人型へと変化し、旅行ニーズや情報発信手段の多様化が進む中、地域の持つ多様な資源を活かし、住民が担い手となり観光による効果を地域全体に波及させ、活…

上天草市グランドデザイン

描く

産官学で地域の旅と食をブラッシュアップ

熊本県上天草市の総合計画に基づく、産業活性化に向けたプロジェクトとして、有明海に面した風光明媚な観光地としての魅力を高め、集客を拡大する「旅のブランディング」と豊富な海と…