ケーススタディ

形にする

地域の「もったいない」資源をお菓子に

  • プロジェクト … 旅を彩る特産品開発事業(2013年度)
  • クライアント … 株式会社吉田ふるさと村

これまでも地域資源を使った特産品をつくり続けてきた、島根県雲南市の「吉田ふるさと村」。

furusato2

近くの山中にある素材や、地元企業が使えずに廃棄している食材を使った商品が開発できないか。

私たちと一緒に勉強会やワークショップを開いて企画を立て、地域住民との試食会や都会地でのモニタリングなどを重ねて、大型唐辛子「オロチの爪」をはじめとした地元の野菜を混ぜ込んだ手づくりの商品「ケークサレ」が生まれました。

株式会社吉田ふるさと村 HP

関連するケーススタディ

もっと見る


形にする

都市と地域を結ぶ、新たな関係づくり

講座受講者一人ひとりが“移住にかぎらない、地域とのかかわり方”を探っていく講座、「しまコトアカデミー」。 島根県から受託し、平成24年よりソーシャル&エコマガジン「ソトコ…

八女市 ホタルと石橋の館

形にする

地域にこだわり、価値を高める施設づくり

福岡県八女市にある、ホタルが舞う清流と歴史ある石橋。地元住民が日常化した風景の価値に気付いていなかった中で、この価値を最大限に生かした場をつくることを提案しました。 建築…